FC2ブログ

ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の水槽

先日のブログで、オミナエシダカラがイソギンチャクを食べているのではないかと書きましたが、本当に食べちゃったんです・・・・


タカラガイがイソギンチャク食べるなんて知らなかったよ。 で、海綿を食べるって聞いたので、海綿の付いている石を拾ってきて入れてあるのに、全く海綿食べません。(T_T)

一体・・・・・

イソギンチャクなんだけど、昔かこんなに元気でかわいかった。

DSCF5843.jpg



しかし、昨日の朝見てみると・・

P1010101.jpg


ちょっとピントが甘くて、見難いかもしれませんが、触手がほとんどなくなってる・・・

で、今朝見るとついに・・・

P1010111.jpg


全く触手がない・・・・

でも、生きてる。
で、イソギンチャクの周りに、オミナエシダカラの糞が2個。
消化されてるし・・・・(T_T)


かわいそうだけど、オミナエシも生きるためなんだろうからねぇ。
それにしても、本当にタカラガイの餌ってなんだろう??

イソギンチャクまた捕まえてこないとダメ?

水槽内バトル

ヤドカリさんは、海に戻って行きました。
P1010039.jpg


やっぱりね、何日か一緒に暮らした仲間だったから、別れは淋しかったけど、仕方ないですね。
で、ウチの水槽も淋しくなるなぁとおもったら・・・・

おいおい! 小さいヤドカリがいるんですけどぉぉ~
今まで、全く気が付かなかったのに、大きなヤドカリがいなくなったとたん安心して出てきたのかな?
わぁぁ~ 想定外だよぉ~

DSCF5834.jpg
(わかるかな? 正面の石の上にちょこんとある貝がそうです)

なんか、小さなわけの分からない動く物体もいるし。 大きくなったら何になるんだろう・・・
楽しみというよりも、ちょっと怖い・・・・


で、なんと、オミナエシダカラがイソギンチャクをなめ始めちゃいました。

P1010052.jpg


イソギンチャクはとっても迷惑そう・・・

で、しばらくすると、オミナエシダカラがイソギンチャクを食べてる・・・・・

ひぇぇぇ~!!!! タカラガイってイソギンチャク食べるの???

DSCF5825.jpg
DSCF5832.jpg


写真でわかるかなぁ~ 赤い口が、波打ってるの。 動画を撮ろうと思ったのですが、マクロ設定が出来なくてピントが合わせられなかったの・・・

どうしよう~ ハラハラしながら見ていたのですが、今日は生協の総代の集まりがありまして、時間が来ちゃったのでそのまま家を2時間空けました。 

で帰って来たら、大丈夫ちゃんとイソギンチャクも身を守ってました。

DSCF5836.jpg


で、夕飯の頃になったら、オミナエシダカラが離れたので、イソギンチャクも余裕が出たようで・・・・・

DSCF5843.jpg



そしたら、シボリダカラが、今度は水槽のヘリから身体をおお伸ばしにして移動中。 写真を撮りたかったのですが、カメラを取りに行っている間に移動しちゃうのが嫌だったので、かぶりつきで様子見てました。貝殻の2倍くらいの大きさの身体をびょーーーんと伸ばし、宙を浮くような形で移動するの。今度、移動の場面に遭遇したら、絶対に撮影しないとね!!


いやぁ、この水槽ずっと眺めていても飽きませんわぁ~

ヤドカリ海にもどす!

水槽に一緒に入れてあるヤドカリくん。 初めのウチは死んだかのように殻の中に入ったっきり出てこなかったのですが、水槽に慣れて来たら動く動く。 まあ、動き回るのは見ていて飽きないので面白いのですが、なんとタカラガイの餌として入れた石のコケをむしるむしる・・・

あっという間に、石は丸坊主になっちゃいました。 これはまずい・・・・

P1010036.jpg



土日に海に返そうと思ったのですが、家族がいるのでなかなか海には出向けず、これから海に戻しに行きます。 短い間だったけど、楽しませてもらいました。 



今日は、午後からPTAの集まりがあるので、のんびりと海でくつろげないのが残念だ。

タカラガイの水槽その後

ずっと、そのまま放置です。だって、何をどうして良いのやら、全くわからないんだもの・・・・

しかし、放置している割には、この水槽実は着々と変化していることが今日発覚。 なんか、ミニ潮溜まりみたいになってます。


今日は、オミナエシダカラくんが、石に付いているコケを食べているのを見かけたので、水槽に張り付いて眺めていました。 いやぁ、最近目が悪くなりましたので(年のせい)メガネを外して、張り付いてみていたら・・・・

P1000993.jpg


赤い舌をだしてぺろぺろやってました。 いやぁ、かわいいです。

で、ふとその石をじっくり見てみると、ダニみたいな小さな生物が横断していたり、藻に黒いタマゴみたいなものが張り付いていたり、この水槽に生き物は、タカラガイ2匹とヤドカリ1匹だと思っていたら、なんか色々いるみたい。

で、極めツケがコイツ。
P1010001.jpg


イソギンチャク。 どうも石にくっ付いていたみたい。 拾ってきたときはそんなものが付いているなんて全くわからなかった。 で、全部の石を良く見てみると、この子のほかにあと2匹いました。で、みんな動いてる。

相変わらず、シボリダカラは水槽のヘリにべたーっとくっ付いたまま。 一応移動はしてるけど。 そこが居心地が良いのかな?

P1000994.jpg



今のところ、全く手をかけていないのになんとなくいい感じで動いている我が家の水槽。
全く金かかっていないんだけど、結構癒し系アクアリウムしています。 これ、都会で作ると万単位の世界だよね(笑)

P1010004.jpg


P1010011.jpg

タカラガイの水槽

藻を育てるために、蛍光灯を入れました。 ちょっとしたアクアリウムの完成です。
中のものは、全く金かかってません(笑)
P1000980.jpg


シボリダカラは、ずっと水槽のヘリに付いたまま。オミナエシダカラは、少しずつ岩を移動してます。
夜の間に餌はちゃんと食べているのだろうか?? と言っても、餌は海藻や海綿だと聞くけど、ここに入っている海藻と海綿で良いのかも良くわかりません。 まあ、タカラガイを拾った場所にあったものだから、食べるとは思うけど。


さて、一緒に拾ってきたヤドカリ君。 今日、熱帯魚の餌を少し与えてみました。 顔をちょこんと出して、食べているような・・・ ヤドカリの餌も良くわからないんだなぁ。 ホームセンターで売っていますが、買いませんでした。 とりあえず、あるものでやってみます。
P1000986.jpg


いつまで生き続けてくれるのでしょうかね?

タカラガイその後

シボリダカラとオミナエシダカラを飼い始めたのは良いけれど、タカラガイなんて飼ったのは初めてなので、何をどうして良いのやら・・・・

餌だと思われる海綿を入れたけど、全く食べず・・・
困った! さてどうしようか。


ネット検索してみたら、藻なども食べるような事を書いてあったので、こうなったら、藻の付いた石を採取してこよう! という事で、今日も餌の確保のために海へ。ついでにビーチコーミングなんぞもしてまいりました。

つまりは、海に行く口実が出来ましたので、チョコチョコ行く事が出来まする(笑)
まあ、口実なくても行ってましたが・・・・



とにかく、どんな藻を食べるのかわからないので、適当に採取。
P1000953.jpg


水槽も、空気のぶくぶくだけではいけないので、濾過装置も確保。 昔の金魚セットをそのまま使用。藻を育てるのならば、電気も必要だなぁ。 どっかにあったので探してみよう。


今日は、きれいなシドロガイやピカピカのタカラガイ、大きなオダマキガイなどが拾えてのでうれしかったです。

P1000954.jpg

P1000966.jpg



さて、家に帰って早速石を入れてみました。

P1000972.jpg


そうそう、先日貝殻だと思って拾ってきたら入っていたヤドカリさんも一緒に。
ヤドカリは新しい環境が気に入ったのかチョコチョコ動き出していました。 タカラガイと一緒でも大丈夫だよねぇ。

なんとか、長生きしてくれると良いのだけど・・・・・

DSCF5801.jpg

タカラガイを飼ってみよう!

相変わらず暇があると海に行ってます。 

昨日雨の中、海に行ったら、ピカピカのシボリダカラをゲット! しかし、残念ながら中身入り。 オミナエシダカラやハツユキダカラだったら、海にリリースしちゃうのだけど、シボリダカラのピカピカは欲しい。

どうしようか考えた末、飼っちゃおうと連れ帰る事に。 
海岸に落ちているペットボトルを集めてそれに海水をくみ持ち帰ってきました。

水槽に、サンゴを入れてシボリダカラを入れてみました。 海岸にうちあがっていたやつなので、もしかしたらダメかもなぁと思いながら、今朝起きたら・・・・


元気!!!!

DSCF5777.jpg



それならば、餌を調達せねば・・・

タカラガイって何食べるの??

知人に聞いたら、なんと海綿なんだって。 海綿なんてペットショップじゃあ売ってませんから、現地調達じゃあないですか・・・



という事で、今日は海綿を取りに。 でも、海の生物はむやみに取ってはいけないので、本当に餌分だけいただきに。 でも、海綿なんて意識してみた事ないので、どこにあってどんな奴なのか・・・
一応図鑑で形だけ頭に入れて岩を探してみました。 余裕で見つかるかと思いきや・・・・

ない・・・

海の岩場は、チョコチョコ歩き回っているけど、本当に意識した事がないから、どこら辺にあったかなんて全くわからず。 だんだん焦って来ましたがようやく見つけました。

P1000925.jpg

P1000926.jpg


さて、海綿探しながらもちろんビーチコーミングもしました。 まだまだ、ピカピカのハナマルユキは見つかります。今日はピカピカのコモンダカラも見つけることが出来てうれしかったなぁ。

P1000932.jpg




で、また中身入りのオミナエシダカラを見つけました。いつもなら、海に返しますが、今日はお持ち帰りして来ました。 

餌の海綿を入れた水槽の中、2匹仲良く暮らしていけるかな?
それにしても、こんなので大丈夫なのかなぁ・・・・ 一日でも長く生きてくれるとうれしいのだけど。

DSCF5783.jpg


ウラシマソウ

いつもは海ばかりなんだけど、たまには植物にも目を向けてみても良いですねぇ。 私は、植物はほとんどわからないのだけど、やっぱり自然を愛する地元の仲間達は海ばかりではなく陸にも詳しいのです。


沖ノ島を歩いていたら、いたるところに、謎の草花が生えていたので、写真を撮って名前を尋ねてみたところ、ウラシマソウだと教わりました。
どうも、浦島太郎が釣り糸をたれている姿に良く似ているからそう名づけられたと言われているそうです。
P1000721.jpg

P1000544.jpg


浦島太郎・・・・・・
見たことあるのだろうか???

確かに、花の先から釣り糸らしいものが出ていますねぇ。 ドクドクしいけど、結構好きかも~。


で、今日一緒に沖ノ島に行った友人は、「これ、マムシグサじゃないの?」って。
そしたら、地元のSNSのコミュにタイムリーにマムシグサが載っていました。そのコミュは外部公開なので、リンクしておきます。

身近な植物図鑑

確かに見た目はそっくり。 でも、釣り糸がないのと、葉っぱが花よりも低い位置にあるようです。でも、花だけを見ると、本当に似てますねぇ。

方や浦島太郎で方やマムシですからね、花にとっては雲泥の差じゃないですか(笑)

30分間の天体ショー(月食)

夕方、雲が出てきていたし、関東で大雨洪水警報が発令されていたので、昨日の月食は見られないだろうとあきらめていました。

7時前に空を見上げたら、星は出ていたので、もしかしたらちょこっと見られるかなと期待もしていたけどね。

で、9時に窓から空を見上げてみると、半月がきれいに見えました。
南房総の空は、運良く雲がかからずに30分間の天体ショーが楽しめました。



DSCF3451.jpg

9時の月


DSCF3453.jpg

9時15分の月

DSCF3463.jpg

9時20分の月


DSCF3465.jpg

9時25分の月

DSCF3467.jpg

9時30分の月。

9時30分になるともう満月です。

本当に30分間の天体ショーでした。 望遠鏡で観察するわけでもなく、肉眼でカメラ抱えて見ていたので、だんだん月が膨らんでいく様子は良くわからなかったけど、5分おきに写真撮ってみると、様子がわかりますね。

月も明るくてとてもきれいな満月でした。

レッドビーシュリンプ(RBS)全滅の危機

2年前私の友人から分けていただいたレッドビーシュリンプ(小さなエビの仲間です。)がこの猛暑で全滅の危機を迎えています。


私は虫担当で、水系生き物は旦那担当なのですが、旦那が言うには、水温が上がりすぎているからむずかしいとのこと。 なるべくリビングを涼しくして様子を見たいのですが、リビングを一日冷房つけていると、夏休み中の子ども達がリビングにたまりこみ(私もそうだけど)体に悪い。 だから、一日涼しくするのはねぇ。 経済的にもきついのです。


ということで、ずっと様子見ているのですが、あと2匹しか生き残っていない状態。 2匹を別の水槽に・・って思うのですが、レッドビーシュリンプはかなりナイーブな生き物なので、むやみに水換えは出来ないし、私は水系生き物の飼育法の知識がないので、あまりいじれない。旦那は、祭りや地区の行事でこの夏は滅茶苦茶忙しくて、あまり世話が出来ない状況にいるので、このまま様子を見て絶滅になってしまったらあきらめるしかないかと。


水を冷やす装置があるらしいのですが、それを取り付けてからじゃないと、これからの夏は乗り切れないだろうって旦那が言うの。しかし、そんな装置取り付けたらタダでさえ電気代がバカ高い我が家の電気代に追い討ちをかけてしまうので、OKサインも出しにくい。

19日頃から暑さが収まってくるという話なので、何とか持ちこたえてくれるとありがたいのですけどね。当分、レッドビーシュリンプ飼育は封印かな。
カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。