ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那のバリ島土産

PICT0916.jpg


旦那が無事バリ島から帰国しました。性格的に、あまり土産を買ってこないかと思いきや・・・ 現地で一つスーツケースを買い込んで大量に土産を購入して帰ってきました。 もうね、驚くべき量よ。 まあ、親戚や世話になっている人、会社関係にも買ってきているので(会社関係は経費で落ちるらしい)大量の土産が我が家だけのものというわけではないが・・・・

かなり、バリ島は物価が安いみたい。 写真のカエルの前にブレスレットが2つあるけど、あれは4つで10000ルピア(100円)だそうだ。私が好きだからと言ってカエルを買ってきてくれた。これはポイント高し。後は、食料(チョコやカップヌードル、調味料など)やTシャツ、財布、時計、名刺入れ、アクセサリー、サシャと呼ばれている布、サンダル、置物あと何があったっけ? カフスボタンもあったな。 それも、みんな複数個。 どうも、何個かでいくらってなっているみたい。

将来、バリ島に住むそうで、インドネシア語も習うんだそう。 老後はバリかい? まあ、老後になるまでにはバリ熱は冷めるでしょうけど。しかし、あんなに行くの嫌がっていた人が、ここまではまるとなると、かなりステキなところなんでしょうね。

さてさて、旦那はデジカメを持って行きました。 私が、食べ物撮って来てよって言ったから、食べ物ばかり!! 成田のコンビニの梅おにぎりまでドアップで撮影されてた。 まあ、本当に170枚の写真の半分が食べ物かも。その位食べ物ばかり。 お前が食べ物撮って来いって言ったから沢山撮って来たぞって昨日確かにいっていたけど、こんなに取ってくるとは・・・・  

でもね、食べ物の写真って、ありがたいけどつらい・・・ だって、おいしそうなんだもん。食べたいけど、画像だから食べられない。くそぉぉ~こんなもの食べてたんだって思うとなんか、腹立たしい。バリのビーチの写真は一枚もなし。 なんなんだ・・・・

デジカメのほかに、使い捨てカメラも持っていったのでそっちを来たい。まさか、そっちも食べ物ばかりじゃあないだろうねぇ。なんか不安。確かに、食べ物撮ってきてねといったのは私だからなぁ。

旦那のデジカメ写真だけでは、バリの魅力はわからなかった。日本の観光地と雰囲気も似ているし。 旦那がここまではまるキーポイントがわからなかった。 実際に私も行かないとわかんないよね。バリの魅力は。でも老後住む気はないです!
スポンサーサイト
コメント
はじめまして。和歌山県在住のインドネシア人です。
ご主人はよくバリ島に行かれると、住む気がなくても是非ご一緒に一度行ってみてください。日本や欧米と異なる風景や文化が感じられると思います。インドネシアの中でもバリ島は「違う」ところなのです。
2006/06/30(金) 18:22 | URL | kelapamuda #-[ 編集]
はじめまして!
kelapamuda さん、ご訪問ありがとうございます。m(__)m

やはり、バリは南国の楽園なのでしょうね。実は、主人は海外旅行は一生しないと言いきるくらい嫌がっていました。行ってもホテルで本を読むと言い、本まで持って出かけました。しかし帰ってきたら、バリのとりこ。今朝も、バリに行きたいなぁって言ってました。
だから、本当にステキなところなのだと想像できますね。 また次いつ行くことができるのかわかりませんが、今度は一緒に言って見たいですね。
2006/07/01(土) 09:51 | URL | きいこ #-[ 編集]
私は、15年前に行ったことがあります。
貧乏旅行だったので、激安ホテルに泊ったせいか、あまりいい思い出ではないです。きっと、きいこさんの旦那さんは、いいホテルに泊まったのでしょうね。あ、ショッピングは、安くて、いいものがあってよかったですよ!
2006/07/02(日) 02:23 | URL | にの #-[ 編集]
うんうん。
私も旦那がイタリア行ったときは、「食べ物の写真撮ってきて!」って言ったよ。

機内食とかもね、興味あるもんね。

そしたら確かに、半分以上食べ物の写真だった。

以前に、メキシコに行った友達が、それこそ食べたもの全部写真に撮っていて見せてくれて、大感動したんだよね。
だから、旦那にもそう頼んだんだけど。

でもその友達は、かなりカメラの腕が良かった、ってことに、今頃気がついた。
旦那が撮って来た画像じゃ、イマイチ、感動しなかったもん。
2006/07/02(日) 10:06 | URL | はる #-[ 編集]
旦那の泊ったホテルは、中流みたいですよ。ただ、現地の知り合いの人(現地人と結婚して向こうに住んでいる人)がいて、その人の案内で回ったので、良かったみたいですよ。で、現地に住むとこうだああだという話を聞かされ、完全にその気になってます。 ちなみに、ホテルはずっと同じホテルで、そこを拠点にして5日間過ごしたようです。

食べ物の写真、興味あるよね。でもね、旦那って性格悪いから、ほんの少しだけしか食べ物が残っていない皿の写真とか、ビール瓶とかそんなのが多いんだ。まあ、たまに食べる前の食べ物の写真もあるんだけど、食べている最中のやつとかとにかく、感動なんてもんじゃないねあれは! ローソンの梅おにぎりのドアップなんてアホかって思うし。

で、ビーチの写真が一枚もなかった!
後は、人の写真ばかり。(一応人に配る都合ですね) だから、写真からバリの雰囲気は感じ取れませんでした。(T_T)
2006/07/02(日) 20:45 | URL | きいこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。