ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家の片づけ奮闘記 その1   実家をリフォームだ!

2008年に父が亡くなり、その後実家には母が一人で暮らしている。 実家の両親ははっきり言って両極端。性格も考え方も天と地の差があるくらい全く違う。磁石で言うならNとS  だからくっつくのか・・・・   

父は、病院嫌いで倒れるまで一度も自分の健康保険を使ったことのなかった人。 そして、自分の死期を察して身辺整理を完璧にこなし、生前書いていた小説とか父のものはほとんど残っていなかった。 父の闘病生活の事は、「緩和ケア」のカテゴリーにまとめてあるので、興味のある人はどうぞ。

で、母・・・  とにかく心配性。 具合が悪いとすぐに病院に行く。 病院で色々訴えるため薬の数が増えていく。 たぶん、父の健康保険分を母が使ってますよ。 そして、物が捨てられない。 昭和一桁生まれで、物のない時代に過ごしたから仕方がないのだと母は言うが、父も昭和一桁生まれ。 今まで何度か引っ越しはしたけど、その都度母は家の荷物をほとんど捨てずに引っ越し先に運んでいたため引っ越し荷物はいつも大量。 そして、そのまま開けられないまましまいこまれている段ボール箱が数多く存在するのだ。

とにかく実家は物が多い。 そして、実家は段差が多い。 玄関は中二階。 すべての部屋に段差があり、台所とリビングの間も30センチくらいの段差がある。 そして、全室カーペット敷き。 掃除嫌いの母はほとんど掃除をしないし、リビングに至っては、絨毯の上にカーペットを敷いている。 実家に行くと他の家族達はアレルギー反応を起こすのだが、母は問題なく一人暮らしをつづけていた。

地震も怖いし、私の子供たちも実家に遊びに行けないし、それに母が生活するのも危ないので、今までもリフォームをしようという話は何度も出ていたが、リフォームするには莫大な荷物を整理しないといけないというところで、毎回話は白紙に。


そして、丁度1年ほど前、母が家の中で転び腰の骨を折った。 しばらく安静の日々が続いたが、夏過ぎには無事に骨折は治った。 しかし歩かなかったせいで足が弱り、少し歩いただけで筋肉痛を訴えるようになり、持病の脊柱管狭窄症も悪化し常に足や腰が痛いと言い出しほとんど動かなくなってしまった。 今のところ、まだ一人で生活は出来ているのだが、今後の事を考えると家を何とかしないと大変なことになる・・・・

もう時間はない・・・・

母親も、なんとなく現状を把握しリフォームの必要性を察したみたいだし、一気に進めちゃおうと妹と二人で知り合いの電気屋さんにさっさとリフォームをお願いしてしまった。


リフォーム話はついたので、恐怖の実家の片づけの幕開け。 とりあえず、リフォームをするのは1階のみ。 キッチン、リビング、日本間、土間の荷物をすべて撤去!  

いらない荷物を全部捨てられればよいのだが・・・・・・

物を捨てたくない母親がそこに立ちふさがるのであった・・・

つづく



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。