ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

大腸内視鏡検査体験記 その3

そして、内視鏡検査当日。つまり今日です。今、ニフレック2リットル飲み終わりました。もう大変でしたよ。
3時半になったら病院に行きます。内視鏡検査の体験はまた後日書きますね。

さて、今朝からのお話。今日は、もう一つの下剤ニフレックを飲んで、腸をきれいにします。

P1050678.jpg

病院からもらった手紙によると、8時から飲み始めてくださいとある。子供と旦那を送り出してから、準備を始めました。このパック半分に水を入れ、粉をきれいに溶いた後、水を足して2リットルにします。昨日ダマを作ってしまったので、今日は慎重に。1リットルの水にきれいに溶け、残り1リットルを足し準備完了。

このニフレックを飲む前にガスコンという薬を飲みます。ガスを出しやすくする発泡剤のような薬です。
P1050677.jpg

これは、甘くもないし苦くもない。小麦粉を溶いて飲んでいるような感じかな。

さて、この後、時間をかけて2リットルのニフレックを飲むことになるのだけど、手紙によると飲み始めの1~3杯目はコップ1杯につき15分以上かけてゆっくりのみ、そのあとは10分ほどにして、1時間に1リットルのペースで2時間くらいで飲みきってくださいとある。
P1050679.jpg


では、15分ペースでゆっくりとと思い一口飲んでみたら・・・  まずい・・・・・
昨日のマグコロールのような清涼感がない。なんというか、無機的な味というか、変な甘味があって飲みにくい。たくさん飲みたいという味じゃない。こんなの2リットルなんて飲めるのか?? と不安な出だし。

やっぱり、コップ一杯飲むのに30分近くかかっちゃった。先は長い。とりあえず、ペースを上げないとと思うのだが、なかなかペースは上がらない。飲み始めて1時間くらいしたらトイレに行きたくなってきた。でも、おなかが痛くなるわけでもなく、つらくはない。水様便なので、尻から尿を出している感じ。だから、大をしているのではなくて、小をしている感覚かな。だから、回数が多くなってもそれほど苦痛ではないかな。 今、こうやってのんびりとブログもかけますから。トイレにこもりきりではありません。

しかし、なかなか2リットルは飲めず。それでも、半分くらいまで頑張って飲んだところで、便の色はもう透明に。たぶん、宿便はきれいに取れたものだと思われます。だから、もうニフレックは飲まなくても良いんじゃないか?と思うのだが、病院からもらった手紙には、正確な検査を行うために、溶かしたニフレックは全量をお飲みくださいと書いてある。確か事前診察でも、必ず全部飲んでくださいと言われた。

飲んだことにして、捨てちゃおうかと何度思ったことか・・・・  でも、小心者だからね、やめようやめようとずっと思いながら、結局2リットル飲みました。で、時間を見たら12時少し前。4時間近くかかってしまった・・・この2時間のロスが、まさか移動中の悲劇を生むのか?と不安も残るけど、最後のほうは、もう飲んだらすぐ出るみたいな感じになっていたので、大丈夫かな?とも思います。

ということで、前処理終了。昼ごはん食べられないので、サクマドロップなめてます。 

スポンサーサイト
コメント
初コメントです♪
ツィッターのぞいてみたらきいこさんがブログをされているのがわかり、
早速遊びにきちゃいました!

それにしても大変な検査ですね~。読んでるだけで超びびります。
私には無理そうだわ・・・v-12
2011/04/15(金) 07:52 | URL | あろは #-[ 編集]
No title
あろはさん、コメントありがとうございます。あろはさんのブログも訪問させていただきました。またチョコチョコのぞかせてもらいますね。 内視鏡検査もう大変でした。また後ほどアップしますが、もう絶対にやりたくないです(涙)
今日は天気が良くて海日和ですねぇ~(行けないけど)
2011/04/15(金) 13:08 | URL | きいこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索