ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ターミナルケア21 ~長い夜 最後の戦い~

父が亡くなる2日前から、私は実家に泊り込む事にしました。妹は、お盆からずっと父の隣の部屋で待機してくれていたので、私としては本当にありがたかったのです。私も、何か連絡があったら、すぐに実家に行けるように、アルコール類は一切飲まず(まあ、私はアル中じゃないけどね)携帯電話をずっと身につけている生活は送ってましたが、やっぱり、家にいる間は、気分転換ができるので、妹から比べると楽な立場じゃないかなとは思っています。


さて、その夜は父の部屋に布団を敷いて、様子を見ながら休もうと、結構気楽に構えていました。とりあえず、呼吸が変ったら妹に連絡するねと言って、父の様子を見ながら、日付が変る頃までは、ナンプレパズルを解いてました。そう、1人で父を見守っている時は、このパズルを解いてました。結構時間つぶしになるので好きなんですよ。

今の父の様子は、とにかく痰が苦しそう。口が渇くので、氷や、スポンジ、マスクなどを使用したりしていましたが、なかなか痰が切れない。やはり、力が弱くなってきているので、以前は簡単にできたことが簡単にはできない状況なのです。ネブライザーと痰の吸引器をレンタルして、必要な時は使用出きる様になっています。一応使用方法を指導していただきました。


病院に入院している場合は、たぶん時間毎に看護師さんが来て、痰吸引をしてくださるのでしょう。でも、痰吸引ってとても辛いようです。父に、吸引器使う?と何度か聞いても大丈夫だと言い、自力で痰を吐き出していました。まあ、自宅療養は、あくまでも患者個人の意見を尊重しますので、父が望めばやりますが、父が望まない限りは機器があっても、使用はしません。(一応勧めますけどね)

その夜も、本当に苦しそう。ネブライザーをやって痰を柔らかくしても、なかなか吐き出せない様子。やっぱり、父が苦しそうにしている姿を間近でただ見ているだけって言うのはかなり辛いのです。

痰吸引器を使ってみると言うので、初めて痰吸引器をセットしてみました。私が、父の口の中にカテーテルを入れようとすると、父はそれを自分で取り、自分で吸引を始めました。しかし、やはり奥までカテーテルを入れるのは苦しいので手前どまり。それ以上は自分でもできずあきらめてしまいました。たぶん、ベテランの看護師さんなら、奥までカテーテルを入れ、痰吸引をしてあげられるのでしょうけど、私には無理だし、父も望んでいません。ということで、吸引作業はあえなく撃沈。

どうしたら良いのだろう。夜中の2時。妹を起そうかと思ったけど、2人いても何をするわけでもないので、とにかく様子を見るしかない、寝られないしどうしよう。父の介護の中で、この時が一番不安で恐かったです。病院だったら、看護師さんや先生を呼べるのでしょうが、家では自分達で対処しないといけません。まあ、精神的に限界が来たら妹を起そうと思ってました。

ゴホゴホ!!父は、激しく痰を出そうとしています。もう、その状況を見ているのが辛い。そして、激しい咳き込みと一緒に、痰を吐き出しました。痰だけでなく、消化管のもの全部吐き出したという感じ。といっても、食事をしているわけではないので、固形物ではなく、色とりどりの粘液というかそういうもの。 

私にとっては、かなりショッキングでしたが、とにかく父は自力で痰を吐き出せたのです。いやぁ、あの状況で吐き出せたのは、かなり辛かったのだろうなぁと。その後、もう一度痰を自力で吐きだし、その後は、静かに眠りにつきました。 

その後、意識レベルは痰のつまりを苦しみと感じないくらいに落ちていったので、痰のつまりで苦しむ様子はありませんでした。つまり、あの夜は父の最期の病気との戦いだったのでしょう。私は何もできませんでしたが、今となれば、その場に付き合うことができて光栄だったのかなぁと思います。いやぁ、当時は、もう頭の中真っ白で大パニック状態でしたけどね。

父の介護で一番苦しかった事は?と聞かれたら、迷わず「あの一夜です」と答えますね!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。