ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ターミナルケア7 ~CT撮影~

病気の原因を確定するために、CT撮影が必要だと言われ、鴨川市の大きな総合病院に行きました。初めて花の谷クリニックを受診して2日後のことです。

その病院は、日本でも有数の評価の高い総合病院で、実はそこに父を入院させたいと思っていた病院です。まだ、その時点では、在宅ケアという頭は無かったので、父がこの病院を気に入ってくれて、ここで治療を受けたいなんて言い出してくれるとありがたいなぁなんて思っていました。

病院の受付ロビーは、ホテル並みの豪華さで、職員の対応も良く、私と妹は、ここのオーシャンビューの病室にお見舞いに通いたいねぇなんて話までしていましたが、父は何故か病院っぽいところが息苦しいと、全く気に入った様子を見せませんでした。やっぱり、父にとっては病院は病院としか見えないようです。


酸素吸入機とともに、携帯用の酸素吸入ボンベも家に届けられていました。病院に行く前日、父に、車で1時間近くかかるので、携帯用酸素ボンベは持って行ってねと声をかけたら、「そんなものは必要ない」と言っていたのですが、当日はしっかりと携帯してました。やはり、酸素吸入を始めたら、それがないと息苦しくて辛いようです。日に日に、父が弱っていく姿を目の当たりにして、本当に娘としては辛い日々です。


総合病院の長い廊下を、酸素ボンベを引きながら歩いて行く父の姿を初めて見て、今までの凛々しい父の姿とは別人のようでした。しかし、足早に廊下を歩くのは、やはり病人ではないという父のプライドから来る事なのかなぁと思いながら一緒に歩いていきました。それにしても、歩くの速いんですよ。私達の方が、必死で付いて行っているって感じでした。


CTの検査の時に、看護師さんが「造影剤を使いますが、今までに造影剤を使った事ありますか? 今まで、なにか薬剤でアレルギーなど起こした事ありますか?」と聞いてきました。父は、そこでも自慢げに「俺は、今まで健康保険を使った事ないんですよ。ですからね、薬も造影剤も使った事がないので、アレルギーがあるかどうかなんて、わからないですよぉ~」と話し、看護師さんを驚かせていました。父は、医療従事者が、父の話を聞いて驚く姿を見て楽しんでいる様子でした。

妹と2人で、CTの検査の間、この豪華総合病院の見学に行こうと楽しみにしていたのですが、検査の時間がたったの15分と聞かされ愕然。結局待合室で待っていたら、すぐに父が検査を終えて戻ってきました。

やはり、酸素ボンベを外されての検査は少し辛かったようです。もう、酸素ボンベなしでは、父は生きていけないんだなぁと思いました。病院に行くまでは、酸素ボンベなんて、全く使わなくて普通に生活していたのにね。たぶん、それだけ身体に負担を掛けていたんだろうなぁ。


CT検査の結果は、次回の診察の時までにわかるそうなので、次回の診察時に父のきちんとした病名がわかります。

父は、家で酸素吸入をしながら、麻薬系鎮痛剤を服用し、全く痛みと呼吸困難から解放され自由気ままな生活を送っていました。この酸素ボンベを持っていけば、ゴルフも行けるなぁと本気で思っていたようです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。