ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

海ほたる鑑賞会

今日、海ほたる鑑賞会に行って来ました。 

海ホタルは、節足動物「カイミジンコ」の仲間で、大きさは3ミリ程度、外的刺激を受けるとマリンブルーの美しい光を発光します。

魚の頭を入れたトラップを海に仕掛けておくと、海ほたるが入ってきます。 網ですくい、手で少し刺激を与えると、本当に美しく光ります。
 
20070602210003.jpg


ホタルとは違った、マリンブルーの美しい光ですねぇ。 で、発光液は、海水にも溶け出すため、うみほたるをすくった網をバケツから出すと、網から流れ落ちる海水がマリンブルーに光、それはそれは幻想的な美しさをかもち出します。 

うみほたるを、手の上に乗せてもらい、実際に自分の手の上で光らせてみました。 今は世代交代の時期だそうで、子供ばかり。 だから、大きさは1ミリ程度です。 手に乗せてもらったうみほたるの群れを、指でコチョコチョとつつきまわすと、ぼわぁぁっとマリンブルーに光ります。 

うみほたるは、このような小さな生物です。
20070602205953.jpg


光らないと、まず見つけるのはむずかしいかもね。夜行性で、日中は砂の中に生息しているみたいです。 だから、夜に砂浜を歩くと、砂浜が光ったりするみたいです。

でも、自然の美しさは本当に神秘的ですねぇ。

高感度カメラを持っていったのですが、すっかり高感度撮影方法を忘れてしまい、途中から、暗闇の中でカメラを弄り回してました。(半分あせってた) どうしても、ブログに載せる写真が撮りたかったので。

なんか、ゆっくりと落ち着いて見ることが自分の中で出来なかったのがちょっと残念。

まあ、第一土曜日(夏休みは毎週土曜日)にやっているので、行く気に慣れれば、いつでも行けるので、今度は撮影を考えないで、ゆっくりと。

このうみほたる観察会の人達は、言っています。
「このような美しいうみほたるが永久に住めるきれいな海を守るようにしましょう!」と。

ここら辺も、開発などで、生物達が住める環境が少なくなってきています。コガネ蜘蛛を観察している知人も嘆いていました。 バイパスが出来ただけで、コガネ蜘蛛がほぼ全滅してしまったと・・・

われわれに、出来ることは小さいことかもしれないけれど、自然を大切にしていく心は持ち続けて行きたいと思ってます。 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索