ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡き友のお母様から干支の手芸品が送られてきました。

DSC07357.jpg



毎年、暮れか正月明けに届く手芸品。 これは、亡き友の母親から毎年送られてくるものです。リハビリを兼ねて作っているので、気にしないでねと毎年おっしゃって送ってくださいます。一つは娘にあげてくださいって。

2001年、もう5年前になりますが、正月明けに1本の電話。友達の母親からでした。大学時代の部活で仲が良かった友がその前の年の6月に倒れ意識不明のまま入院していたらしいのですが、私がその年に送った年賀状を読み上げたら、涙を流して反応したという電話でした。


彼とは、大学時代一番仲良しだった男友達だったし、卒業後家にも遊びに来てくれたり私も彼のアパートに遊びにも行きました。不思議なことに、かなりなかは良かったけど浮いた話はなかったの。手をつないだこともなかったな。一緒に映画とかも行ったけど。本当に良き友としてずっと付き合ってた人でした。 だから年賀状は毎年出してましたね。


そのお母さんと知り合ったのはその電話が最初です。ずっと誰にも知らせるつもりはなかったそうですが、私にだけ知らせてくださいました。その電話で、私の手紙に反応したのなら、仲間の励ましでよくなるかもしれないのでは?と話をして、仲間に知らせて手紙などを送ってもらうことにしました。 でもその甲斐もなく翌月短い生涯を閉じましたけどね。

その時、私もテープに声を吹き込んで送りました。テープを送る時に、当時まだ幼稚園だった娘が、一緒に送ってと近くにあった材料でなにやら作る始めたのです。 りかちゃんの切り絵にプラスティックのお供え餅を貼って、なんか立体的な工作なんだけど、どう見てもゴミなんだよね。使ったものも、ゴミだし・・・
でも、本人一生懸命作ったので、送らないわけにも行かず、作っている写真を撮影して、こういう感じて作ったので、申し訳ないけど受け取ってくださいって手紙を添えて出しました。


そうしたらね、そのお母様は、娘の作品に心を打たれたようです。

私からみたら、どう見てもゴミ同然の作品を写真と一緒に、お部屋にずっと置いてくださっているみたいです。 そして、翌年から、娘にあげてくださいと、この手芸品が送られてくるようになりました。

娘に話すと、もうすっかりそういうことは忘れているのですが、干支の根付は毎年楽しみにしていて、ランドセルに付けています。 来年は干支なので、イノシシの干支の色紙は大喜びで、これからお礼のお手紙を書くと言ってます。

まだ、お会いしたこともない人ですけど、毎年年末~年始にかけて、お互い温かい気持ちになるやりとりが毎年続いているのです。

スポンサーサイト
コメント
きいこちゃんにそんな良い人がいたとは…!!
でも、何か簡単にコメントできないような、心に沁みるお話ですネ…(;_;
彼は独身だったのでしょうか?もう全然会ってなかったの?
学生時代の友達って若くてピチピチ溌剌の記憶しかないから、何かショックだっただろうね~。しかもまだまだこれからって時に…
でもきっとお母さんは嬉しかったでしょうね。はがきに涙で反応するなんて!きっと彼もお母さんも救われたと思うよ~。
2006/12/29(金) 21:23 | URL | こう #-[ 編集]
彼は奥さんいましたよ~ お子さんはいなかったけど。新しい家を建てた直後に倒れたって話。ストレスがたまっていたのかもね。

でね、絶対奥様には悪いことをしているって思ってる。別に変な関係じゃないけど、テープに吹き込んだ内容は結構奥さんが聞くと気分を悪くするよな内容だもの。それをお母様が毎日彼に聞かせていたという話だからね。申し訳ないとは思っていたけど、生死に関わることだと思って。

で、クラブの仲間には奥様からお礼の手紙が来たらしいけど私には来なかったし。だから、新しい彼の住所は知らないの。実家のお母さんとずっと連絡取っているからね。だから、たぶんお母様以外の人はあまり良く思っていないかもなぁとも思ってます。でも、変な関係じゃないんだけどねぇ~
2006/12/30(土) 13:02 | URL | きいこ #-[ 編集]
そうか~
でも分っていても、どうにもならないことってあるもんねえ~
きっと奥様も分ってくれてるんだよ~。うん。
2006/12/30(土) 20:51 | URL | こう #-[ 編集]
まあ。奥さまと連絡が取れれば、奥様には謝ろうとは思ってる。でも、たぶん連絡は無いと思うので、謝ることはできないでしょう。だって、病床の夫に姑が昔のガールフレンドからのテープをずっと聞かせているって状況考えてみて。これって絶対にひどいお話よ。鬼姑特集に組まれちゃってもおかしくないって!

一応言っておくけど、彼女という関係でもなかったからね。そういう関係は全くなしの気の会う異性の友達という感じ。
だから、私は異性間でも友情は成立するって思ってる。彼も、私には女を感じてはいなかったと思うよ! まあ、不思議な関係だったね。
2006/12/30(土) 21:01 | URL | きいこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。