ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ターミナルケア1 ~プロローグ~

プライベート関係の日記は、ここにはあまり書いていないのですが、今回実家の父の介護を通じて、自分自身でいろいろ体験した事は、やはり公開ブログに書き残したいと思いました。自分の気持ちの整理や記録としてここに何度かに分けて書いていきたいと思います。

とりあえず、最初のプロローグとして、ターミナルケアについて書いてみます。

ターミナルケアというのは、終末期医療とも呼ばれています。治る見込みのない、癌の末期などの患者に対して、治療を目的とする医療ではなく、痛みや苦痛を緩和して楽に暮らせる事を目的とする医療です。 

治療を目的としない医療、これは本当に患者本人の希望重視の医療になります。家族は理解がないとなかなか精神的に受け入れられない部分も多いのではないかと思います。治療を目的としないということは、病気を治すことをしないということですから。もちろん、このターミナルケアは、治る見込みのない末期がんなどの患者さんを対象としているものですが、家族としてはそれでも少しでも良くなる方法をとって、少しでも長く生きてもらいたいと願うのが心情です。

だから、今回このような形になるまでには、心の葛藤もありました。でも、ウチの場合は、父の性格を娘達(私と妹)は良く知っていたし、私達がどうあがいても父の人生に口を挟む事はできないなぁという気持ちもあったので、父の望むとおりの形にできるだけしてあげたいという結論になったわけです。

しかし、理想と現実は違いますから、父がいくら理想論を唱えたからと言って、なかなか思うように行かないのが現実なのですが、父の強運といいますか、今から考えると本当に不思議な成り行きで、奇跡のごとく父の理想どおりの形に持っていくことができたわけです。


誰でも、やはり最後は住み慣れた自分の家で終わりたいと思うのではないでしょうか? でも、現実的にはなかなかむずかしいことです。しかし、不可能ではないのです。医師、看護師、家族がきちんと連携していけば、父の願いをかなえることは可能でした。 

しかし、本当に父の介護を通してさまざまなことがあります。自分もまだ、何がなんだかわからない状況下にいることも確かです。自分の心の整理や、この経験の記録も兼ねて、父の在宅ターミナルケアで自分自身が感じている事を書きとめて行きたいと思っています。

また、私の経験を通して、今の医療の素晴らしさ、そしてターミナルケアの必要性、家族のかかわり方など、参考にしていただければと思っています。

今回の一連の日記は、ちょっと今までの日記とは気持ち的に違うので、ナンバリングして「ターミナルケア」としてのカテゴリにまとめておきたいと思います。自分が、書きたいと思ったときに、少しずつ書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

自由研究その後

自由研究始めて2日経ちました。

最初は2g均一で餌を与えたのですが、キュウリがアッと言う間になくなっちゃったんです。 で、ナスも皮だけ残っただけ。 だから、1日で2g以上食べちゃうんですよね。

スズムシの餌と、煮干の2gって、滅茶苦茶多くて、比重の関係からして、食べた重さだけで好き嫌いを決めちゃうのもおかしいんじゃないかとは思うのですが、とりあえず小学校5年生の自由研究なので、まあ良いか。

次の日は、2gに統一せずに、食べる前の重量から食べた後の重量を引き、食べた量を見る形にしました。 しかし、ナスがやっぱり完食されちゃってました。 1日目、ほとんど食べられていなかった煮干ですが、2日目は減ってました。 スズムシの餌は実験をやる前から与えていましたが、煮干は初めて。だから初日は食いつきが悪かったのではないかと考えられます。


まあ、たいした実験じゃないんだけど、何気なく毎日餌を与えていると見えないものが数値化すると結構面白いなって思いました。 5日くらい続けてみようと思うのですが、ポンタは早く宿題を終わらせる事に重点を置いているので、結果がわかったからもう良いなんて言ってるよぉ。 1回や2回の実験結果じゃわからないんだっつーの!


そうそう、ここで、ポンタと実験をやりながらいつも笑いのネタになることなんだけど、ポンタ虫怖いのよ。もちろんスズムシも例外じゃなく怖いの。 だからね、餌の出し入れは必死。 スズムシが50~60匹いるケースだから、餌の中にいたり近くにいるとポンタ餌を出し入れできない。 母にSOSを求めてくるけど、誰の実験だと言って見てるだけ。 本人半泣き状態で、必死なの。 だから、もう実験やめたいんだと思うよ。 これで、スズムシがポンタの手にでも飛び乗ったらそりゃあもう大変な騒ぎだろうな。
なんで、自分が苦手な虫を使った実験選ぶかねぇ。

夏休みの自由研究は鈴虫の餌調べ

どこの家でも、この時期に悩むのが子供の夏休みの自由研究。 ポンタの小学校では、秋に行われるサイエンスグランプリに向けての、理科の実験が課題なのだそう。

ポンタは、家で飼っているスズムシの餌調べをすると夏休み前に学校で計画を立てて来ました。


しかし、奴の計画は、あまりにもいい加減というかそんなの実験じゃないじゃんというか、もうアホかお前!と突っ込みを入れたくなるようなもの。

奴の計画は、インターネットで調べた餌をスズムシにあげて、どれが一番たくさん食べたか調べるというもの。 で、どうやってそれを調べるの?って聞いたら
「一番スズムシがついている餌をみつける」
だって・・・・・ (ー_ー)   あのさぁ・・・・・ それって、理科の実験じゃないでしょうが・・・・・

で、もっといろんな餌を与えてみれば?って言っても、ネットで調べた鈴虫の餌になっているものだけなんだって。 そんなのつまんないよね。


とりあえず、餌の種類は本人の希望をかなえるとして(本当はいろんな餌を与えたいよなぁ)結果の調べ方はこれではあまりにも・・・なのでヒントを与えてあげました。

同じ分量の餌を用意して、翌日食べた量を計算して比べる!!

ということで、2gずつ餌を用意してみました。
P1010681.jpg

スズムシの餌(いつも与えている市販の餌) キュウリ、ナス、煮干の粉末

鰹節とか、人参とか他にもあるけど、あまり餌が多いと、1つあたりの食べる量が少なくなるので、とりあえず4種類。

これを、50~60匹スズムシのいるケースにいれて、24時間後、残量を計りどの餌が一番好まれたのか調べる。

1日では、わからないので最低5日くらいはやらないとね。 なんか、理科系人間の血が騒ぐ。 私の方が、完全にはまってしまって、ドキドキドキ。

精密な秤を旦那が用意してくれたので、助かりました。

でも、2gに統一しなくても、差し引きで食べた量を比べてもいいんだよね。だって、きゅうりとナスに比べて粉末の餌は見た目の量が多すぎるんだもん。

P1010683.jpg

実験結果、また書き込みますね。

スズムシのマット替え

今年、大量孵化初体験。 去年のマット交換も初体験です。 なんたって、スズムシを全部移動してマットを新しくしないといけないので、ちょっと大変でした。

去年からのケースは3ケース。 今年新しく3ケース作って今6ケースあります。 その3ケース分のマット交換しました。 あまり考えず、とりあえずスズムシを別のケースに移し、古いマットを捨て、新しく赤玉土を敷き詰め、またスズムシを戻すという作業。 で、色々なケースから適当にスズムシを入れました。 つまり、メンバーチェンジですね。 本当の元は同じかもしれないけど、一応親の違う子供達を混ぜた方が良いだろうと思って。

なんたって初めてなので、なんか時間ばかりかかってしまいました。 スズムシ移動させるのが大変だわ。 なんたった、スズムシ多すぎ~  かなり人に配ったけど、成虫になるとそれだけスペースとるのね。 できれば、大きい虫と小さい虫を分けたほうが良いんだろうな。 時間があれば、やってみようと思います。

スズムシの数に押されて、カブト虫ケースがスズムシケースになっちゃったので、カブト虫は狭い中ちょっと可哀想かも。 カブトの幼虫もあまり増えて欲しくないなぁ~

自宅療養

実家の父が、末期の肺癌で実家で自宅療養をしています。 7月は怒涛の一ヶ月でしたが、また落ち着いたら自宅療養、終末医療の実体を含めてここで御報告しようかと思ってます。

まあ、ウチの場合は、父の性格上かなり特殊なんだろうなぁと思います。でも、私自身こういう経験が初めてなので、何が特殊で何が一般的なのかはわかりませんが。

自宅療養をしていますが、身の回りのことはすべて本人がやってしまうため、私たちは、とりあえず実家で待機しているだけ。 だから、介護をしているという感覚はないのです。 

しかし、本当に物凄く素晴らしい医療機関にめぐり合い、父のやりたいような終末医療を受けさせてもらい、今後どうなっていくのかの不安はありますが、ドクター、看護師、ケアマネージャーさん達の協力を得て、とにかく見守っているという毎日です。

ここのブログの更新がなかなかできないので、一応近況報告。他のブログは更新してるんだけどね!

こういう状況でも、時間の合間に海に行って息抜きしてます。やっぱり、ビーチコーミングの趣味があってよかったぁ~ 時間は短いからお宝探せないけどね。 

子供達の夏休み、どこにも連れて行ってあげられないのが可哀想かなぁ。 まあ、姉ちゃんは毎日部活だし、例年レジャーは近場で済ませているから、それ程変わりないかも(笑)
カウンター
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。