ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

30分間の天体ショー(月食)

夕方、雲が出てきていたし、関東で大雨洪水警報が発令されていたので、昨日の月食は見られないだろうとあきらめていました。

7時前に空を見上げたら、星は出ていたので、もしかしたらちょこっと見られるかなと期待もしていたけどね。

で、9時に窓から空を見上げてみると、半月がきれいに見えました。
南房総の空は、運良く雲がかからずに30分間の天体ショーが楽しめました。



DSCF3451.jpg

9時の月


DSCF3453.jpg

9時15分の月

DSCF3463.jpg

9時20分の月


DSCF3465.jpg

9時25分の月

DSCF3467.jpg

9時30分の月。

9時30分になるともう満月です。

本当に30分間の天体ショーでした。 望遠鏡で観察するわけでもなく、肉眼でカメラ抱えて見ていたので、だんだん月が膨らんでいく様子は良くわからなかったけど、5分おきに写真撮ってみると、様子がわかりますね。

月も明るくてとてもきれいな満月でした。
スポンサーサイト

最後の海水浴かな?

昨日、地元のSNSのビーチコーミングのオフ会がありました。漂流物にとても詳しい方と一緒に海のお宝探しをして、若葉マークビーチコーマーとしては、とても勉強になるイベントだったのですが、娘を迎えに行かないといけないので、たった30分間だけの参加でした。

う~ん悲しい・・・

昨日、娘はキャンプに参加。自分でツリーハウスを作って寝たようです。
http://www.dd.iij4u.or.jp/~ganko/

キャンプの話は、娘が撮ってきた写真が出来上がってから、後ほどご報告します。



ということで、今日は昨日の海岸にリベンジとばかりに行って来ました。 キャンプで疲れ果てている娘は「海なんか行きたくない」と言ってましたが、たぶん今年が最後の海水浴なので、甘い菓子で釣って連れ出しちゃいました・・・


やはり、月曜日の午後。 昨日ほど人はいなくて、静かなものです。子ども達は、最後の海水浴。 くらげいなかったです。 波も静かだし。
それに、水が透明できれいなのよね。 本当にきれいな海です。

DSCF3435.jpg



で、海岸はこんな感じでお宝が落ちています。

DSC08484.jpg



私の一番の目的は、イルカの耳骨ですが、なかなか見つかりません。
あとは、タカラガイ、サンゴ、巻貝、シーグラスも好き。

今日の収穫物はこんなもの。 1時間ほどしかいなかったので、かなり少なめ。 DSC08485.jpg



もうすぐ夏休みが終わり。 大潮の干潮のときは、子ども達がいない間、のんびり海に繰り出せます! 楽しみ~

今日は、姉ちゃんがキャンプに参加。 一緒に参加した友達家族と現地に送り届けた後、地元で久しぶりにビーチコーミング。

一緒に行った友達は、毎日のように海に行く人で、今日はまだ私が行ったことのない海に案内してもらいました。

まあ、いつも行く海の延長線上の海岸なんだけどね。 でも、やっぱりその海岸海岸の特徴があって、流れ着くものが違うのよね。不思議。

ぽんちゃんは、水着着て泳いでました。くらげがいるかと思ったら、いなかったわ。 クラゲジェット作って持って行ったのに。 クラゲジェットというのは、500mlのペットボトルの蓋に千枚通しで穴あけて、中に水を入れたもの。 クラゲに刺された時は、そのペットボトルを押して高水圧で刺されたところに吹き付けてクラゲの毛などを洗い流すとひどくならないらしいのです。 使わなくても、クラゲジェットは海から上がった後、体を洗い流すのに使えますから便利です。


あまり、お宝はなかったけど、海がきれいだったわ。 水が澄んでいてきれいだったな。 明日も、地元のSNS主催のビーチコーミングに参加。姉ちゃんを迎えに行かなくちゃ行けないので、1時間しか参加できないのは残念だけど。 今日お宝取れなかったので明日に期待!

ちなみに今日の収穫


DSC08472.jpg

ポンちゃんの夏休みの宿題

我が家の小学校4年の息子は普段からブログネタになるようなことをやらかしてくださいます。(と言っても書いてないんだけど)

普段「ぽんちゃん」って呼んでいるので、ブログでもポンチャンデビューさせて見ようかとカテゴリーに追加してみました。

虫や、ビーチコーミング、お出かけネタの他に、ポンチャンネタも紹介していこうかなって思います。



ポンタは、夏休みの宿題をやっていません。 
「ポン、宿題終わったの?」

って聞くと「まだ終わっていないけど余裕~」って答えが返ってきますが、やっていません。

29日にジャンボプールに連れて行ってもらえるんだけど、それまでに宿題を終わらせていないとお父さんは連れて行かないと断言しているのですが、結構余裕かましています。


で、昨日ようやく環境ポスターを書き始めました。

見たら「ゴミはごみばこに」と言う文字ゴミを捨てている絵。
あまりにも、スタンダードというか、フツーというか、なんとコメントしたら良いのかわからない絵。

それも、真ん中にゴミ箱(四角)があって、手があって、ゴミ(これは丸)があるだけ。

あまりにも情けないので、全体的に大きく書けと言って(大きく書いても情けなさは変わらないけど)手を5本くらい書けと言って(手を5本に増やしても情けないけど)字を全体的に広げろと言って、一応配置だけ、鉛筆書きしました。 


自分が小学校の時、やっぱり工作できなくて、親に作ってもらった口です。でも、夏休み後の工作展で、誉められてもあまりうれしくなかったし、担任の先生はバッチリ見破っているので、親は手伝わないと決めてます。っていうか、関わるのが面倒なだけかも・・・ へへへ。


昨日は、泣きながら一人で書き上げていて、泣きながらでも、頑張って仕上げろ!とココロの中で思いながら、私はパソコンやっていたんだけど、30分ほどしたら、すっかり泣き顔は笑顔に戻っていて

「今日は、疲れたから明日やる」

って。 彼の長所は切り替えの取っても早いところだと思いますが、こういう場合腹たちます。


果たして、29日までにぽんちゃんは宿題を全部終わらせることが出来るのでしょうか。 ちなみに姉ちゃんは、こつこつと計画を立てて、地道に宿題を終わらせております。

 





ダンゴムシの実験

6年生の娘の夏休みの宿題の一つに、科学論文がある。 なにか一つテーマを決めて、そのテーマの実験などをして論文にまとめるというもの。

で、テーマは夏休み前に各自学校で決めてきたらしく、娘のテーマは「だんごむし」

何故にダンゴムシにしたの?と聞いたら、娘は一言「簡単だから」だそうで、ダンゴムシに興味があるとか、ダンゴムシが好きだとかそういうのでは全くないらしい。 ガッカリ・・・・


で、実験方法もすでに決めてきたらしく(理科の先生にOKもらったとか言ってた)暗い所と明るいところ、どっちを好むかの実験らしい。

答えすでに出ているんですけど・・・・・
娘も、しっかり「暗いところだよね」とか言ってるし。

そんなのは実験でもないと思うのだけど、小学生の場合はそれで許されちゃうのかな。


とりあえず、ダンゴムシを探す。 しかし、娘は探せない。 ダンゴムシの居そうな場所は怖くて探せないらしい・・・ 

仕方ないので、庭の草取りをしながら、一緒に採取。 伸びきった草を一刈りすれば、山ほどおりますわ。 20匹採取して、空き缶に薄く土を入れ、半分蓋を閉める。 1時間でみんな日陰に移動。

実験終了!

おいおい、これじゃあ全然面白くないと思うんですけど!
で、試しにコンクリート片を入れてみた。

コンクリート片を入れて、蓋をして一晩置いてみると


DSC08469.jpg



ひぇぇ~本当にコンクリート片にくっ付いてるよ。
知人に、コンクリートもなめると聞いていたし、ダンゴムシってブロック塀沿いの土の上にいつも居るので、ちょっと気になっていたの。


しかし、ダンゴムシがコンクリートをなめるというと、コンクリートがダンゴムシによって食い尽くされてしまうわけだよね?

おいおい、このコンクリートのの重さ量って実験してみるのも面白いかもよ~(母ウキウキ) でも、娘、しっかりレポート論文書き終えてるし・・・・ 


それで良いのか!! 夏休みの宿題!!




ということで、スズムシとカブト虫のシースンオフにダンゴムシを飼育してみようとひそかに考えている母でした。

スズムシが鳴きました

やっぱり、夏にはスズムシの音色は涼しくていいわ。

スズムシが成長していくにつれて、ケースが小さくなり、すべて満員状態だったのですが、ここ数日で欲しいという人が次々と現れ、ようやくそれなりのスペースを保てるようになりました。

ボチボチ成虫になってきているものもいるので、鳴き始めるのも時間の問題だろうと思っていたら、ほんの数日前から、り~んり~んという鳴き声が聞こえるようになりました。

カブト虫が、そろそろ終わる頃、スズムシ最盛期という感じの我が家です。



カテゴリー整理しました。我が家で飼っているカブト虫とスズムシ、そして今かなりはまっているビーチコーミングを、自然、生物のカテゴリーから独立させました。

アシダカ蜘蛛がスズムシケースに侵入!!

今朝、起きてみると、スズムシケースの一つのふたがずれてる。

水槽に旦那のお手製の蓋をつけただけのものだから、確かに直ぐにずれちゃうの。 一応、中をのぞいてみると・・・・


アシダカ蜘蛛が中に入っているじゃあございませんか!!!!

こいつ、数日前に、別のスズムシケースに張り付いていたのよね。 うちは、ゴキブリ退治用として、アシダカ蜘蛛には寛容でして、駆除はしていないんだけど、大事なスズムシちゃんを襲っちゃうってのはちと許せない。



知り合いの、スズムシも一晩で蜘蛛1匹で全滅だって聞いたので、怖い怖い。 アリの侵入でも全滅なんだって。 それだけ、スズムシってのは弱いのね。


で、大事なスズムシちゃん達は・・・・・・



全然変わりなし・・・・



たぶん、5~6匹程度は食われていると思われますが、ないせ30センチ水槽に50匹以上詰め込まれてますので、5~6匹数が減ってもあまり変化ナシというか・・・・  うちの場合、蜘蛛が入り込んでも全滅はないようです。


そうそう、昨日ホームセンターに餌を飼いに行った時に、スズムシも売ってました。 2ペア入って680円。 高い! 家のスズムシたち、そのお値段で売れれば、滅茶苦茶大もうけじゃない(笑) でも、涼しげな音色が、売り場に響き、結構お客さんが関心持って見てました。(お隣で店を開きたい気分)


また、アシダカ蜘蛛に進入されないように、蓋の上に網を被せておかないとダメかなぁ~

レッドビーシュリンプ(RBS)全滅の危機

2年前私の友人から分けていただいたレッドビーシュリンプ(小さなエビの仲間です。)がこの猛暑で全滅の危機を迎えています。


私は虫担当で、水系生き物は旦那担当なのですが、旦那が言うには、水温が上がりすぎているからむずかしいとのこと。 なるべくリビングを涼しくして様子を見たいのですが、リビングを一日冷房つけていると、夏休み中の子ども達がリビングにたまりこみ(私もそうだけど)体に悪い。 だから、一日涼しくするのはねぇ。 経済的にもきついのです。


ということで、ずっと様子見ているのですが、あと2匹しか生き残っていない状態。 2匹を別の水槽に・・って思うのですが、レッドビーシュリンプはかなりナイーブな生き物なので、むやみに水換えは出来ないし、私は水系生き物の飼育法の知識がないので、あまりいじれない。旦那は、祭りや地区の行事でこの夏は滅茶苦茶忙しくて、あまり世話が出来ない状況にいるので、このまま様子を見て絶滅になってしまったらあきらめるしかないかと。


水を冷やす装置があるらしいのですが、それを取り付けてからじゃないと、これからの夏は乗り切れないだろうって旦那が言うの。しかし、そんな装置取り付けたらタダでさえ電気代がバカ高い我が家の電気代に追い討ちをかけてしまうので、OKサインも出しにくい。

19日頃から暑さが収まってくるという話なので、何とか持ちこたえてくれるとありがたいのですけどね。当分、レッドビーシュリンプ飼育は封印かな。

科学技術館とスカイバス

昨日は、一家で東京に遊びに行きました。

しかし、8月15日の九段下付近は大混雑でした。いやぁ、何も考えず科学技術館に行こうと計画を立てちゃったもので・・・・

科学技術館は、戦没者追悼式が行われる武道館の直ぐそば。靖国神社も直ぐそば。 地下鉄の駅を下りたら、警官がわんさかいて、物々しい雰囲気。

で、北の丸公園を横切ろうとしたら、通行止めだと言われ、結局科学技術館までは遠回りで行く羽目に。 この暑い中汗をかきながらの移動。


逆にこんな日は空いているかも!と期待をしていたら、見事に裏切られ、夏休みで科学技術館は子ども達で一杯でした。 いろいろな科学に関する展示やプログラムシュミレーションなどがあり、子供が興味を示せば、一日遊べる場所です。

科学技術館ホームページ

しかし、家の子ども達は、あまり興味も示さず、簡単に全館を見て回っただけ。理科のお勉強にもなりませんでした。もう少し空いている時にのんびり見たいです。 私は科学が好きなので、もっとゆっくり見たかったのですが、昨日は、大人がシュミレーションに参加できる状況じゃなかったですから(子ども達が並んで待ってるしね)





その後、東京駅に戻りスカイバスに乗りました。
スカイバスホームページ

20070816_121357703.jpg


スカイバスは、その名の通り屋根のない2階建てのバスです。で、皇居の周りをガイド付きで1周します。東京見学にはもってこいって所かな。

あらかじめ電話で予約してあったのですが、科学技術館を早めに出てしまったので、予約時間を早めました。 チケットに整理番号が付いていて、整理番号順に乗車します。 予約してあったからなのかどうかは分かりませんが、私たちは運良く4番~7番までの整理番号をもらえました。
20070816_120841843.jpg



出発10分前に集合場所で並ぶのですが、またまた運良く整理番号1番~3番までの人達が集合時間までに来なかったので、私たちが一番最初に乗車できました。

で、やっぱり一番前の席が良いよねと迷わず一番前の席に。

しかし!!!

一番前の席は屋根があるの。(最初の画像参照)


前方の景色を取るか、屋根のないバスを楽しむか・・・
しばらく悩んだけど、やっぱり一度座っちゃったので、このまま前の席で行くことに。


これが、良かったのか、悪かったのか、乗った後でもわかりません。
ただ、次に乗るときは、屋根のないところに乗りたいな。(次また乗るかどうかは不明ですが)


20070816_121112687.jpg



コースはこんな感じ。やっぱり平日の方がコースは良いですよ。

一番前に乗ったので、写真はきれいに撮れました。 ただ、ガラス越しですし、デジカメがちょっと調子悪くて、上に黒い点が出ちゃうので見難い部分もございますが。


DSC08433.jpg


2階建てなので、目線が高い。トラックの荷台も見下ろせます。 皇居のお堀の周りをまず走行

DSC08440.jpg



そして国会議事堂。 もうおのぼりさん状態なので、「きゃぁ~、国会議事堂だぁ~」って心の中で叫んじゃいました。

ちなみに、国会議事堂は大学生のときに、友達の知り合いの議員さんに連れられて、中に入ったことがあります。議員会館とかいろいろ見学させてもらったのですが、それ以来のご対面でした。

DSC08444.jpg


これは桜田門。工芸館、英国大使館、各省庁、気象庁、二重橋など、テレビのニュースでおなじみの場所を順繰りと周り銀座へ。

DSC08448.jpg


銀座のメイン通りの信号機は、みんな同じ色を示しています。建物もほぼ同じ高さ。 こうやって見るととても絵になる風景です。

DSC08451.jpg


銀座のアサヒペンのビルの上のオブジェも、実は赤いペンキの缶なのだそうです。 下からだとなかなかペンキの色は確認しにくいそうで、こうやって赤のペンキの色が確認できるのも2階建てパスのおかげ?

20070816_135323938.jpg


銀座を抜けて皇居前広場のストリート。 大手町方面に向かって、左側は古い建物、それも城を思わせる昔の建物が続いていて、右側は丸の内のオフィスビル。道を一本挟んだ左右の景色のギャップを外人は理解できないというお話です。 確かに面白い風景です。両方の景色を同時に撮影できなかったのが残念ですが。

後ろを振り向いて、スカイバスの雰囲気も撮影したのですが、乗りあわせた人達の顔が撮影されているので、このブログには載せないことにしました。すみません。 前の席に座ってしまったのが悪かったのね。


約45分で皇居、銀座、丸の内を見学できました。浴衣の若いガイドさんがちゃんとガイドもしてくださいます。

スカイバスを下りて、東京駅に向かう途中、キティちゃんのはとバスが。 スカイバスよりも、ちょっと衝撃的でした。
DSC08467.jpg

噂のビリープチ入隊

お盆に、親戚(義弟一家)が泊りに来ました。
そして、今巷で流行のビリーのDVDを持って来てくださいました。
4枚組みのDVDだったのねぇ~

ということで、私もプチ入隊させてもらいました。
もちろん最初の1巻のみです。


結果・・・

ビリーの言うとおりに動けない!どっちの足をだして、どっちの手を出すの?って悩んでいるうちに次の動作に入っちゃってます(涙)


早い動きについていけない!ワンテンポいや、ツーテンポ遅れちゃいますぅ~


体力がもたないだめ、続かないよ、あんな連続運動。
途中で、放棄・・・ で、しばらく休んでからまた復活・・


で、結局最後まで持たずに、途中見学者となってしまいました。

すでに、一通り終わった義妹(同じ年)はバッチリ最後までエクササイズを続け、家の子ども達も途中リタイア。

その様子を冷ややかに見ていた甥っ子達は「オバサンの動きが固くて面白い」とコメント。


親戚とともにビリーは家から去っていきました。 
一日プチ入隊でした。


年金個人情報提供サービス

年金問題が冷めやらぬご時世。 我が年金はどうなっているのだろうか? とやっぱり不安に思う人も多いはず。

で、ネットで自分の収めた年金が確認できるサービスを利用してみました。

https://www3.idpass-net.sia.go.jp/neko/action/z0401


ここで、利用登録すると、2週間ほどして社会保険庁から、ユーザーIDとパスワードが送られてきます。 で、年金加入録照会が手軽にできます。

昨日、社会保険庁から封書が来たので、早速やってみました。
私の場合、大学を卒業して就職、結婚後退職。その後、また別の職場に就職、2人目の子どもを出産と同時に退職。現在に至るです。

確認の結果、年金記入漏れはないようです。安心安心。
もし、記入漏れあった場合ってどうしたら良いのだろ? 

旦那の方は、確かめていないので、旦那にも言って確かめさせておかないと・・・ 



でも、年金納めていても、今後どうなるかわからないけどね。やっぱり、こつこつと自分の最低限暮らしていける位の貯蓄は蓄えないとダメなんだろうなぁ。

花火大会とサンゴウオッチング

8日は地元の花火大会でした。 天気も良くとてもきれいでしたよ。
なにせ、花火がバッチリ見えるスポットが、我が家から歩いて2分の場所にございます。

DSCF3281.jpg


それこそ、知る人ぞ知るスポットだったのですが、年々人が増えてます。今年は、かなり沢山人が来ていましたね。でも、うちは、花火の音が聞こえてから家をでて、のんびりとコンビニ寄って出向いたけど、よく見える席は確保できましたので、まだ余裕の人ごみなのでしょうね。

海であげる花火は、やっぱり水中花火がすごい。音もすごいし、迫力もある。でも、今年は風の関係で、あまり音が大きくなかったな。


DSCF3269.jpg


そして、フィナーレの花火がすごかった。 やっぱり花火はフィナーレですねぇ。カメラの動画で撮影したのですが、これアップできるかな?

花火のフィナーレの動画


花火が終わって、あの恐怖の大渋滞を全く経験せず、2分後には我が家に戻れる環境がやっぱり一番幸せだなって思うわ。(花火の時だけしかそういう感情はわかないけどね)


さてさて、今日は、地元の沖ノ島のサンゴウオッチングに行って来ました。

サンゴウオッチング体験プログラムホームページ


実は、私泳げないの。この直ぐそばに海がある環境に住んでいながら、ほとんど海に行っていなかったのですが、最近ビーチコーミングに興味を抱き始めてから、だんだん海に興味がわき、申し込んでみました。

海の鑑定団に知り合いもいるので、泳げないのだけど参加できるのかしつこく聞き(笑)子どもと一緒に参加。 初めてシュノーケル体験しました。

海、きれいだった。実はカメラ持参で行ったのです。海の中も取れるインスタントカメラ購入して。でも、もう泳ぐのが一杯一杯で水中撮影なんてする余裕なし(笑)

シュノーケリングに慣れるまではちょっと大変でしたが、慣れてからの水中散歩は夢のようでしたね。 実は、沖ノ島の浅瀬にサンゴが生息していて、イソギンチャクやクマノミ、色とりどりの魚たちたくさん泳いでました。 それも、きれいに見えましたねぇ~ 我々は潜るわけではなく、ライフジャケットをつけて水面に浮きながら水中を観測するのですが、透明度が高かったので、水面からもきれいに見えました。ただ、クマノミは小さくてよく見えなかったなぁ~

泳げなくても、スタッフがたくさんついてくださり、誘導してくださるので、全然OK。 シュノーケル初心者には丁度良いコースでした。

2時間半なんて、あっという間。 ハイ!これで終わりです。っていわれてもう終わり!!って思っちゃった。

でも、家に帰ってからクタクタ・・・
だって、泳いだの今年初めてだもの。使わない筋肉使いまくりだわ。 といっても、泳いだというより浮いていたという感じですが。でもフィンつけてキックキックしてましたよ~(うまく使いこなせていなかったと思うけど)

ということで、身近の海もこうしてみれば、本当にすばらしい宝庫。なんか、今まで見たことのない世界を間近で見て、本当に身近にも沢山すばらしいものが転がっているんだと再発見いたしました。 


最後に、私ド近眼なんだけど、ド付きの水中眼鏡を友達に貸していただいたおかげでステキな世界が見られました。持つべきものは友だなぁと思います。



アシダカ蜘蛛との共存方法

アシダカ蜘蛛を最初に見たときは、こんな恐ろしい生物がこの世に存在するのかと思うくらい恐怖に襲われたのですが、このアシダカ蜘蛛、大きさや形は不気味ですが、ハエやゴキブリを食べてくださる益虫だそうです。

人間に害を加えることもないので、我が家はアシダカ蜘蛛と共存しています。 昔は、旦那が見つけると必ず殺していたのですが、私が見て見ぬ振りをし始めたら、旦那もそのうち見て見ぬ振りをし始めたので、今年はやたら数が多い。

玄関に常時1匹滞在しており、リビングや風呂場にも時たま顔を出す。ちゃんと仕事してよ(ゴキブリ取り)ってお願いしながら見て見みぬふり。っていうか、私にとっては、別にそこにいてもあまり気にならない存在になってしまったのですが、最近娘がダメになってきている。

どうも、アシダカ蜘蛛が上から落ちてきたらしい。


実は娘、ちょっと前までは平気でアシダカ蜘蛛を手に乗せていたのだ。それが、最近廊下にいたと言っては騒ぎだし、トイレにいたと言っては騒ぎ出す。 何もしないから、気にするなと言っても、気になる人にとっては気にするなという言葉はやはり酷みたいで・・・


外に出すのはもったいないので、なんとか共存して欲しいと思うのだが、気になっちゃうと駄目よね。 アシダカ蜘蛛と話し合いでも出来て、娘の前には出ないと協定結んでいただければ助かるのだが・・・


ま、娘が騒いだらホウキでサササと追っ払う作戦を取っています。 まあ、娘は上から落ちてこなければそれで良いとは言ってますが、アシダカ蜘蛛との共存生活も家族の理解がないとなかなかむずかしいことですよね。

まあ、慣れるのが一番だとは思うのだけど・・・・


カウンター
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索