ビーチコーミング関係は別ブログに引っ越しました。こちらでは日々の出来事を写真とともに紹介します

とうとう最後の1匹です。

長い間カブトムシの飼育を続けてきましたが、今年のカブトムシの幼虫はたった1匹になってしまいました。夏に見たときは小さな幼虫が数匹確認できたのですが、マットを乾かしてしまったのが原因なのか、今日マット替えをしたところ1匹しか確認できませんでした。

ということで、来年この最後の1匹を育て上げカブトムシ飼育はやめようと思っています。

で、カブトムシ飼育を振り返って、感じたことを少し最後に書きたいと思ってます。(まだ1匹残っているので、この先もカブトムシ話題があるかもしれませんが・・・)

カブトムシの成虫は夏の間約3ヶ月。残りの9ヶ月はタマゴ、幼虫、蛹と土の中で過ごします。で、カブトムシの大きさは幼虫の間いかにでかくなるかで決まるわけです。だから、一生懸命愛情をこめて、この芋虫ちゃんたちを育て上げると夏に大きなカブトムシが羽化するわけですが、全く世話を怠るとコガネムシサイズのカブトムシになってしまうのです。でも、オスは小さいながらも一応角があるのが可愛いですが。

カブトムシ飼育に熱心だった頃は、栄養のある餌を仕入れて、ちょくちょくマット替えをして育ていました。カブトムシも大きく育ち、彼らがたくさんの子孫を残しました。だから、200匹以上のカブトムシの幼虫を抱えることもあり、ボランティアでお世話になっている幼稚園にお願いして引き取ってもらったりもしてました。

子供達もカブトムシに全く興味を示さなくなり、結構費用が嵩むし、毎回莫大な幼虫に右往左往するのも大変なので(数年前からスズムシも飼育し始めたので、両方で右往左往)去年幼稚園のほとんどの幼虫を引き取ってもらい、残り20匹くらいを家で世話をしたのですが、ほとんど世話もせず、その結果今年の夏はコガネムシサイズ。
で、子供達も弱かったのでしょうね、生き残れませんでした。まあ、私の責任もありますが・・・


ということで、カブトムシ飼育は、自分のやってきたことが形になって夏現れてしまうという、ある意味おそろしいものです。 で、約10年間(今中学3年の娘が幼稚園の時に、幼稚園のバザーで幼虫を買ったのが始まり)ずっと世話を続けてきて毎年思うのが、カブトムシマット!!!
カブトムシマットは、夏のシーズンの時には、どこのホームセンターでも売られています。しかし、夏が終わると同時に、どこにも売っていないのですよ。で、このカブトムシマットなのですが、ズバリカブトムシの幼虫の餌になる大事なものなので、成虫の間の夏よりも、秋から春にかけてが一番必要なわけなのですよ。その時に販売されずになぜ夏にしか売られていないのか。まあね、需要が極端に少なくなるからね、店としては当たり前なのでわからなくもないのですが、仕方なく毎年製造元に電話をかけて箱で購入しているわけです。まあ、製造元で購入する方が値段は安いのですが送料が入るから、まあ極端に安くはないですね。でも、マット代結構大変です。
数を多く飼育していた時は、かなり必要だったので、ホームセンターで売っている腐葉土と混ぜて使ってました。でも、やはりこのマットがあるのとないのでは、カブトムシの大きさにかなり差が出ちゃうのは事実。
去年は、数も少なかったので、腐葉土のみで育てましたが、やはり大きくなりませんでした。数が少ない時は、手軽にホームセンターで買えるとありがたいなぁ。


カブトムシの孵化、羽化をビデオ撮影したり、人口蛹室作って観察したり、数年前は、かなりハマってました。私は哺乳類飼育するより、哺乳類以外の生物を飼育するのが好きなので、カブトムシ飼育は楽しかったです。まだうちに1匹残っているので、来年の夏までは飼育は続きます。
スポンサーサイト

カブトムシ

去年、幼稚園のバザーにカブトムシの幼虫を出したのですが、そこで購入した方から、幼虫が成虫になりましたとご報告がありました。子供が大喜びなんだそうです。こういうお話を聞くとうれしいね。

で、うちのカブトムシは、まだ成虫になる気配全くなし。最近、昔のように熱心に世話をしなくなってしまったので、サイズは小さめ。本当に、カブトムシは手をかければかけただけ、でかくなりますからね。でも、手をかけなくても、日本のカブトムシは結構羽化しちゃうんですよ。強いなぁって思います。水をあげ忘れてマットが乾ききってカラカラでも、生きてますから。 かわいそうだけど。


ということで、虫たちの世話を少しはしてやらねばと思い、蛹室を作っているカブトムシケースは全くいじれないので、スズムシのお引越しをしました。

スズムシもマットにカビが生えちゃって、孵化した数が極めて少ない。まあ人には配れないけど、自分の家で飼うには丁度良い数なので、去年のように配り歩かなくちゃいけない手間はなくて助かりました。でも、やっぱり孵化に失敗しちゃったので寂しい気もします。

お引越しは、もう少し大きくなってからの方が良いのだけど、マットがカビているので、早めにね。まだまだ小さいので、45センチ水槽はでかすぎるのだけど、まあ将来は丁度良い大きさになると思うので早めにね。

きちんと世話しないとなぁ~

スズムシ孵化しました!

今年は、もしかしたら全滅かもと思っていたのですが、45センチ水槽のスズムシが昨日、無事に孵化しました。でも、数は少なめかもしれません。

今年は世話を怠ってしまったので、マットを乾燥させてしまったり、カビが生えてしまったりと、環境は最悪でした。まあ、45センチ水槽は、カビも生えず比較的良好だったので(多少乾燥させてしまいましたが)孵化するなら、この水槽だけかなとは思ってました。 とりあえずめでたし。


他のケースはもしかしたら、駄目かもしれませんが、まあケース全部孵化すると、たぶん万を超えてしまう数になってしまうので、これで良かったのかもしれないです。 まだ、20匹程度しか孵化してませんが、まあ45センチ水槽だけでも、200くらいはいるのではないかと思うので。 あとは60センチ水槽で若干孵化するかもかな~

とりあえず、欲しいという人もいるので、300くらい孵化してもらえると丁度良いかなぁ~って思ってますがどうかな?

鳴かない鈴虫だけになりました。

昨日、最後の雄のスズムシがいなくなり、我家のスズムシも、鳴かない鈴虫オンリーになっちゃいました。 やっぱり、鳴かない鈴虫の世話はちょこっとだけテンション下がりますが、毎日ちゃんとやりますよ。

2年前は12月まで生き続けたのがいましたので、今年も12月を目指して・・・(笑)


カブトムシは、150匹幼虫が確認されました。 60センチ水槽で100匹。 昆虫ケースで50匹。
実は、今年でカブトムシをやめようと思っていたので、あまり世話を熱心にやらずにいたのに、このありさま。 恐るべき国産カブトムシです。

一応幼稚園のバザーに全部持っていく予定だったのですが、予想以上に多いため絶対にあまります。
ということは、来年もまたお付き合いしないとだめそうです・・・・

スズムシ、まだ鳴いています。

今日で9月も終わり。明日から10月。
我家の虫たちも元気です。

カブトムシは、結局60センチ水槽に100匹(ジャスト!)おりました。 あと、飼育ケースに何匹かいるのですが、まだ小さいのでカウントできません。 今年は絶対に少ないと思っていたのになぁ。


スズムシは、まだ涼しげな音色を聞かせてくれています。と言っても、オスがあと少し。
そろそろ、鳴かない鈴虫たちの飼育になっちゃいます。 メスは、まだ100匹近くご存命。 残り数匹のオスもそろそろ終わりかなぁ。

鳴かない鈴虫育てるのもちょっと空しいんだけど、確か12月近くまで生きていた個体がいたので、今年はいつまで元気でいられるのかな。 

まあ、そろそろ我家の虫のシーズンも終わりに近づいてまいりました。

想定外!!

久しぶりに一日2度の更新です!!


今日、今年の夏に飼っていたカブトムシマットを入れた60センチ水槽を何気にのぞいたら、幼虫がうにゃうにゃ表面に出て動き回っている。

これって、タダ事じゃない情景。


今年でもうカブトムシは終わりにしようと思っていたし、あまり熱心に世話もしなかったので、幼虫はそれほどいないだろうと踏んでいたのだけど、これヤバイかも。


とにかく、幼虫が表面に出ているということは、このマットの状態が悪いということなので、マットを見たらもう糞しかない状態で、表面近くにいる幼虫だけで30匹近くいます。


ということは、この60センチ水槽だけで、もしかしたら200匹近くの幼虫がいる可能性もある・・・

幼稚園のバザーに全部持っていこうと思っていたのだけど(一応5匹くらいは残して)200近くいたら絶対にさばけないよ。

腐葉土の在庫がないので、午後から買ってきて、マット替えをしながら幼虫の数を数えますが、なんか恐怖。

タマゴの数はそんなに無かったから、今年はあまりタマゴもなく、良い塩梅に終了できるかなと思っていたのに、もしかしたら、来年もカブトムシとスズムシライフを続けなくてはいけないかも・・・・

う~ん、生き物を飼うのも楽しいけど、終わらせるのは大変だ。

鈴虫が、セミより早く鳴きました。

今日、ボランティアの仲間に、鈴虫を衣装ケース1つ分里子にだしました。 彼女が勤めているホテルで客に配るらしいです。 300匹近く渡したと思うけど、我が家の鈴虫ケースは見た感じ、あまり変化なしって感じです・・・・

さて、2日位前から、すでに羽化し始めてます。で、今日初めて鈴虫の音色聞きました。 関東は梅雨が明けて、本当に暑い日が続いているのですが、まだセミの鳴き声は聞いてません。鈴虫の方がせみよりも早く鳴きましたよ。 私、鈴虫って秋のイメージがありますが、セミよりも先に鳴いちゃうと秋じゃないですねぇ~

じゃあ、あの虫の声って童謡はどうなるのかね(笑)


ということで、鈴虫の季節です。 そうそう、今年でカブトムシの飼育はやめようと思ってます。今年の秋の幼稚園のバザーに、うちにいるカブトムシの幼虫全部持っていくつもり。 もともと、娘が幼稚園の時に、幼稚園のバザーで買ってきた5匹のカブトムシの幼虫から始まりましたから、最後は幼稚園のバザーに10倍返し?でお返しします。

ということで、これからは鈴虫1本かな。 カブトムシも9年続けたからね。




先週と、今日と2回分「給食データ」があります。 暑くて、写真アップする気力がないので、とりあえず明日2週分書く予定・・・・ です。

っていうか、ドラクエ9やり始めちゃいまして、ブログ書く余裕ない(笑)

鈴虫とハチトラップ

続々と、我が家の鈴虫たちは孵化しています。 ただいま4ケースで孵化しています。
やっぱりね、マットの水分が少ないと孵化しにくいようですね。 昆虫ケースよりも水槽の方が、マットが乾燥しにくいみたいで、水槽の鈴虫たちのほうが数は多いです。

水分が多いとカビが生えちゃうので、どうしても乾燥させちゃうのだけど、カビが少し生えていても孵化してましたね。



さて、片や先日作ったハチとラップ。 これがまた、今年はたくさんのスズメバチが捕まっていました。今年はハチが多いのかも。 中の液体が乾燥してきて量が少なくなってきたので、今日また1本作りました。 ハチトラップでハチを沢山捕まえたとしても、これで家の庭に巣を作られないと言うわけではないので、またドキドキしながら庭の草取りをしなくてはいけない夏になりそうです。


同じ虫でも、一生懸命増やしている虫と減らしている虫。まあ、人間の都合なんですけどね。

鈴虫孵化

鈴虫マットが乾燥していたので、コップで水を入れて湿らせていたら、なにやら動くものが・・・・
あれ???
って思って、よく見たら、なんと小さな鈴虫が4匹孵化してました!!

で、1匹水の直撃に合い、ケースのヘリにベターっと貼り付いてしまってました。(すみません・・)


他のケースもあわてて調べてみたけど、孵化していたのは一つのケースのみ。それも、たぶん今日孵化したのでしょう。

鈴虫マットに水を入れなきゃって、本当に何気に思ったのだけど、これはやっぱり虫の知らせ(笑)

さて、この後どうなるかな。

でも、うっかりとマットを乾燥させてしまっていたので、ちょっと心配。

たくさん生まれてしまうのも困るし、少ないのもやっぱりさみしい。 実は、小学校と幼稚園の先生方からは、すでに1ケース分のご予約が入ってます。 子供達にと思って昨年小学校と幼稚園に鈴虫持って行ったのですが、もちろん教室にも置いたみたいだけど、先生方がみんな分けて持ち帰ったみたいですね。で、鈴虫の音色に癒されて、今年も是非欲しいというお話のようです。



想定外

今日、放置していたカブト虫の60㎝水槽のマット替えをしました。 いやぁ、今年はいろいろ立て込んでいて、カブト虫は完全放置してました。 先日、ケースのカブト虫のマット替えは終わらせたのですが、最初の60㎝水槽の分は、ほとんど放置状態でした。 一度、その中から15匹だけつまみ出して、別のケースに移したのですが、その時もあまり沢山幼虫がいないような感じがしていたので、マットの追加もせず、そのまま放置・・・・

一昨日、カブト虫マットが届いたので、とりあえずマット替えでもするかとのぞいてみると、餌マットじゃなくて糞マット。 はっきりいって、糞だけが滞積している感じ。 あらあら、申し訳ない。 それに、水分も全くなくサラサラ状態。 あらあら申し訳ない。

こんな悪環境のなかではあまり幼虫は存在しないだろうと、思って掘り返してみたら、出る出る・・・・・


日本のカブト虫の幼虫は強いわ。 こんな中生き延びているんだもんね。

で、数えてみたら、なんと想定外の47匹・・・・・・・


今年は、ケースの大半をスズムシたちが占拠しちゃっているので、この想定外の47匹ってのはちょっと驚き。 とりあえず、使っていない衣装ケースを引っ張り出してきましたよ。

今年も結局90匹近くいますねぇ。 例年通りですわ・・・・・ そろそろ縮小を考えていたんだけどな。
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

きいこ

Author:きいこ
千葉県房総半島の端っこでのんびり暮らしています。主婦からパートのおばさんになりました。 大学生と高校生の子供がいます。

趣味はビーチコーミング ビーチコーミングは別に専門のブログを立ち上げました。

ビーチコーミングブログはこちら

きいこのビーチコーミング日記


実家の父の在宅介護記録もあります。父の介護を通して家族の在り方などをつづっています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索